Melbourne, Florida

約6ヶ月の間フロリダでも小さな町メルボルンに居ました。本当に田舎の町でダウンタウンと言われるストリートものんびりした感じで町全体がゆったり時間が流れているイメージでした。もちろん日曜にはお店がほとんど閉まっていると言った感じでした。メルボルンから車で1時間ほどでディズニーワールドがあるフロリダ州の大きな都市オーランドへ行けることができフロリダレジデンスはディズニーワールドの年間パスがとても安く気分転換にちょっと夕方からご飯食べる目的でディズニーワールドへ遊びに行ってました。またNASAのKennedy Space Centerも1時間ほどでメルボルンから行けるため、シャトルが発射する時にはシャトルの発射を見に行ってました。夜中に発射する時はシャトルからのジェット噴射の明かりで暗闇が一瞬にして昼間の様に明るくなりました。メルボルン自体これといった刺激のあるアクティビティーなどは見受けられなかったのですが、やはり小さな町でも音楽好きジャズ好きは居ました。
メルボルンではエレキギターを扱う楽器店は僕が知っていた中で2店あり、そこでもやはりギター好きが何人か集まって店主と雑談をする場になっていました。メルボルンで知り合いになったジャズギタリストのTomさんと一緒にセッションをしたり、ジャズドラマーのSteveさんにジャズのセッションに連れて行っていただいき一気にメルボルンの町が僕の中でジャズのイメージになりました。メルボルンで通っていたジャズセッションでは凄腕のミュージシャンばかり、当時18歳だった僕にとって初めてのステージ。小さな田舎町だったがそのジャズセッションは夜中遅くまで盛り上がってました。そのジャズのセッションはジャズベーシストのJaco Pastoriusのご兄弟Roy Pastoriusさんが仕切っていた様子でした。Royさんは何も演奏することもなかったですがいつもセッションに居ました。Royさんの息子さんのDavid Pastoriusさんはエレキベースでそのセッションに参加してましいた。Royさんはもの静かな方でしたが話してみるととても気さくな方でみんなから”Rocky”と呼ばれ慕われてました。
ジャズドラマーのSteveさんのご好意の誘いで熟練ジャズミュージシャンの定期ライブに参加させていただきました。今現在はそのラウンジ、バー&レストランはないのですが、メルボルンから車で30分ほどのCocoa ビーチにあるDino’sと言う名でそのラウンジはありました。初めてのジャズのライブ、緊張と言うよりかみんなに迷惑をかけまいと必死でした。サックスの方から「アドリブは最初があり終わりがある。全て一本線でつながっている」とアドバイスをいただきこれは最高のレッスンでした。僕は必死でしたがメンバーみなさんとても楽しんでました。どんな街でもそこの凄腕ミュージシャンはいるもんだな〜って思ってます。他にもメルボルン近辺でのジャズライブが行われているお店があり、小さな街でもとても楽しい半年間でした。